読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール2日目 市街散策とラッフルズホテル 4月7日

シンガポール市内散策です。

 

シンガポールといえばマーライオンなので行ってみました。

世界三大がっかり遺産の一つと言われているようですが、実際大したことないです。

 

f:id:hkubota717:20170507175405j:plain

 

 

マーライオン付近から見た、マリーナベイサンズです。

 

f:id:hkubota717:20170507175219j:plain

 

 

つまんで見ました。

 

f:id:hkubota717:20170507175147j:plain

 

 

 

マリーナベイサンズのショッピングモールです。

巨大です。ほとんどのブランドが入っています。

 

f:id:hkubota717:20170507175410j:plain

 

 

ショッピングモールの外には、ハスの池があります。

 

f:id:hkubota717:20170507175350j:plain

 

 

ラッフルズホテルに来ました。

高級感あります。

 

f:id:hkubota717:20170507175222j:plain

 

内部も格調があります。

 

f:id:hkubota717:20170507175246j:plain

 

 

f:id:hkubota717:20170507175331j:plain

 

ラッフルズといえばシンガポールスリングなので、

プールバーで注文しました。

本当はロングバーなのですが工事中で入れませんでした。

 

由来:

トロピカルカクテルの傑作ともいわれるシンガポール スリングが誕生したのは、今から100年以上前の1915年。その頃はまだ女性にとって社交の場でお酒を嗜むことは抵抗感のある時代で、当時イギリス領だったシンガポールで白人の社交場となっていたラッフルズホテルバーテンダーが、「女性が人前でも飲めるようなお酒を」と考案したのがはじまりだといわれています。

マラッカ海峡に沈む夕日をイメージした色ともいわれるエレガントなバラ色をしたシンガポール スリングは、一見フルーツジュースにも見え、アルコールが入っていながらも甘く飲みやすい口当たりで女性の間で瞬く間に人気を博したそうです。

 

 

右の袋には殻付きのピーナッツが入っています。

f:id:hkubota717:20170507175300j:plain

 

サービス料とか入れると30数ドルになりました。

記念です。

f:id:hkubota717:20170507175313j:plain